2000個売れる!東京駅の揚げたてガリガリカレーパン(ツオップ)

食パンに続くトレンドとしてメディアでも注目のカレーパン。

そんなカレーパンが集合し、いわば“カレーパン激戦区”とも言えるのが、東京駅だ。

東京駅には長距離移動客のニーズに応えるべく、改札内を中心にベーカリーカフェやワンハンドフードの店が数多く展開している。

広尾のベーカリー「ブルディガラ」や、軽井沢のベーカリー「浅野屋」をはじめ、人気店が多いのも特徴。

なかでも、「行列が絶えない!」、「1日2000個売れる!」、「カリカリを超えてガリッガリ」と話題なのが、「Zopf(ツオップ) カレーパン専門店」だ。

“パン好きの聖地”「Zopf(ツオップ)」とは

千葉県松戸市の人気ベーカリー「Backstube Zopf(バックシュトゥーベ ツオップ)」。

「パン好きの聖地」とも呼ばれる人気ベーカリーで、JR常磐線「北小金駅」からバスで10分という立地にも関わらず、連日たくさんのお客が訪れる。

朝7時のオープンに間に合うように、早朝に遠方から出かけるファンも多いそうだ。

そして「ツオップ」本店に並ぶ約300種類のパンのなかでも、特に人気で訪れたお客のほとんどが購入するのが、焼きたてのカレーパンだ。

そんな大人気カレーパンを、松戸の本店まで行かずに東京駅で、しかも揚げたてで食べられるというのだから、チェックせずにはいられない。

東京駅の「Zopf(ツオップ) カレーパン専門店」はこちら

「Zopf カレーパン専門店」があるのは東京駅の改札内地下1階。

メニューはカレーパン1種類のみ。自信とこだわりが感じられる。

東京駅の地下1階は広い通路で丸の内側と八重洲側が繋がれているが、ちょうどその真ん中くらいだ。

※詳しい場所はページ下部のアクセスをご覧ください。

メニューは1種類で「ツオップ オリジナルカレーパン」(税込324円)のみ。

ランチや手軽なワンハンドフードとしてはもちろん、手土産としても人気だ。

平日の日中は並ばずに購入できるタイミングもあるが、開店直後やお昼、夕方の時間帯はいつも行列ができている。

ただ、メニューが1種類なこともあり回転は早く、よほどの混雑でなければ長くても10~20分で購入できることが多い。

お急ぎでなければ恐れずに並んでしまおう。

“いつでも揚げたて”のこだわり!

店内では絶え間なくカレーパンが揚げられていて、その様子をガラス越しに見ることができる。

絶え間なく揚げられているカレーパンたち。一度にたくさんの量を上げないことがこだわり。

フライヤーの1カゴに入れられるカレーパンは6個。

一度に揚げる量を抑え、油の温度を下げないことで、独特の“ガリッガリ食感”が生まれる。

そして「ツオップ」本店と同じく“いつでも揚げたて”のこだわりが守られているのだ。

揚げられたカレーパンは手際よく店頭へ送られていく。そして次々に売れていく。

揚げたてを食べてみよう!

「ツオップ」のカレーパンは1個から購入可能。

持つと熱々!揚げたてへの期待が高まる。

持ち帰りやお土産用には有料のビニール袋やお土産BOXも用意されている。

BOXに入った人気ベーカリーのカレーパンは手土産や差し入れとしても気が利いている。

せっかくなので揚げたてを堪能したい。

お店近くの待合いスペースで食べてみよう。

お店近くの休憩スペースでいただきます!

さすが揚げたて、アツアツだ。

揚げられたパン粉の香ばしさ、カレーのスパイシーな香りが食欲をそそる。

食べてみると、荒めのパン粉と高温で揚げることで生み出される「ザクッ、ザクッ」とした強い食感がはっきり感じられる。

確かに「“カリカリ”を超えて“ガリッガリ”」だ。

生地自体は柔らかくてモチモチして、中からは熱々のカレーフィリングがあふれ出す。

具沢だくさんのカレーフィリングがたっぷり。※画像は帰宅後にナイフで切ったカレーパン。

たっぷり入ったカレーフィリングには、牛ひき肉に玉ねぎ、にんじん、きのこなどの野菜が加えられ、十数種類のスパイスが使用されているとのこと。

辛さは辛すぎることも物足りなくもない、ちょうど良いバランスだ。

スパイスの香ばしさがしっかり感じられ、カレーファンも満足しそう。

持ち帰りでも美味しい!

「ツオップ」のカレーパンは、自宅に持ち帰っても温めなおすことで美味しく食べられる。

自宅で簡単に温めなおせるのは、お土産にもできてうれしい。

カレーパンを包む紙袋にも記載があるが、温め方は以下のとおり。(カレーパン1個分の目安)

袋の裏側に温め方が書いてあるので参照しよう。

1.カレーパンを袋から出しラップをかけずに電子レンジ(500w)で約20秒加熱。

2. オーブントースター(1000w)で約1分半加熱。※時々様子を見て焦げそうならアルミホイルに包む。

電子レンジ&オーブンで温める。やけどに注意だ!

温めた直後は熱々だ。やけどに注意して食べよう。

電子レンジとオーブンを使用することで、中のカレーは熱々。表面は独特のガリッガリ食感を堪能できる。

手土産として持参して、みんなで熱々カレーパンをほおばるのも楽しそうだ。

しっかりスパイシーなのでビールにもあいそう。

東京駅で人気のカレーパン専門店「ツオップ」へ行ってみよう!(アクセス)

「ツオップ カレーパン専門店」 は東京駅改札内の地下1階。

丸の内側からも行くことができるが、八重洲側からの方が分かりやすい。

八重洲地下中央改札から改札内を丸の内側へ進む。

丸の内側は地下に3か所の改札があるが、八重洲側地下の改札は1か所だけだ。

八重洲地下中央口改札を改札内からみたところ。地下1階なので注意。

東京駅で定番の待ち合わせスポット「銀の鈴」を通り過ぎる。

待ち合わせの定番スポット「銀の鈴」。実は4代目だそうだ。

さらに十字路をまっすぐ進むと、もうすぐ近くだ。

東京駅の地下で十字路になっている場所。八重洲と丸の内のだいたい真ん中くらいに位置している。

お弁当売り場の通路を挟んだ反対側だ。

平日の日中を除くと並んでいることが多い。時間に余裕をもって訪れよう。

(周辺地図)

八重洲と丸の内をつなぐメイン通路沿いなので見つけやすい。

近くの休憩スペースで揚げたてを食べるのもおすすめ!

「ツオップ カレーパン専門店」の周辺には休憩スペースも充実している。

「揚げたてをすぐ味わいたい!」ときに便利だ。

1階と繋がるエスカレーター脇の広場はたくさんの椅子が設置されている。
※イベント開催中は撤去されるので注意。

「ツオップ」の近くにある広場スペース。イベントがなければたくさんのイスが設置されている。

すこし進んだ先にも待ち合いスペースがあり、背もたれの大きなイスが設置されている。

すこし進んだ先にある待合いスペース。こちらの方がゆったりできそう。

待合いスペースには、電車のヘッドマークなどが展示されたケースや、時刻が全て「0」の時計といったユニークなオブジェが設置されている。

待合いスペースにある展示。電車のヘッドマークなどが飾られている。
時計の文字が全て「ゼロ」になっている。東京駅(鉄道の起点=0キロ地点)を表しているそうだ。

さらに充電器やベビー休憩室もあり安心。

あると助かる東京駅改札内の充電器。ゆずりあって利用しよう。
すぐ近くにベビー休憩室も。

電車や新幹線の待ち時間にも便利そうだ。

東京駅で話題のカレーパンを堪能しよう!

東京駅で話題のカレーパン専門店「ツオップ」のカレーパン。

いかがだっただろうか。

本来なら千葉県松戸市に行き、駅からバスに乗らなくては手に入らない大人気カレーパンを、東京駅にいながら、しかも揚げたてで楽しめるのはうれしい。

近くの広場で揚げたてを堪能するもよし、持ち帰ってゆっくり食べるもよし。

家族へのお土産や、訪問先への手土産、差し入れとしても気が利いていて喜ばれそう。

東京駅に立ち寄った際は、話題の揚げたてカレーパンを試してみてはいかがだろうか。

「Zopf(ツオップ) カレーパン専門店」店舗概要

  • 店舗名
    「Zopf(ツオップ) カレーパン専門店」
  • 住所
    JR東京駅構内 グランスタ東京 地下1階
    (千代田区丸の内1-9-1)
  • 電話番号
    03-5220-5950
  • 営業時間
    (月~土・祝日)8:00 – 22:00
    (日・連休最終日の祝日)8:00 – 21:00
    ※新型コロナウイルスの感染拡大状況等により変更の場合あり
  • 支払方法
    現金 / クレジットカード / 電子マネー / Suica
  • 公式HP
    「Zopf(ツオップ) カレーパン専門店」公式HP

(MAP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました