「四次元食堂」本格南インドカレーを日本の定食スタイルで楽しむ食堂

JR山手線、東西線、西武鉄道が乗り入れる「高田馬場」駅と、そこから早稲田通りで東西線「早稲田」駅へとつながる「高田馬場・早稲田」エリア。

カレー激戦区として知られ、カリーライス専門店「エチオピア」や、スリランカカレー「アプサラ」など、個性豊かな名店が集結している。

そのなかで、昨年(2020年)10月にオープンした「四次元食堂」は、本格的な南インド料理と独特のコンセプトで注目されている。

南インドのミールス(※1)をベースとして、日本の定食スタイルで世界のおかずを提供しているのだ。

「四次元食堂」を一人で切り盛りする店主は、イタリアでの料理修行と都内洋食店での勤務を経て、イタリアンバルを経営。

その後に南インド料理の名店「エリックサウス」でも学ばれたとのこと。

メニューから感じるそのこだわりと本格的な味わいをご紹介したい。

※1.ミールス
プレートに米を主食として複数のカレーや副菜、スープなどを盛り付けた南インドの定食。

「四次元食堂」の場所はこちら

店は早稲田通り沿いの高田馬場駅と早稲田駅のほぼ中間に位置する。

高田馬場から早稲田に向かうと想定する際に、通りの左手側にある白いビルだ。

入り口は奥まっていてパッと見だと分かりにくいので、気を付けていただきたい。

このビルの1階奥に入口がある。「アプサラ」さんのお隣り。

入り口はこちら。店名とロゴが描かれた暖簾が目印になる。

ロゴもかわいい。「何でだるまなんだろう。」と思ったけれど、「達磨」のルーツは南インドのようだ。

「四次元食堂」店内へ

センス良くスッキリして清潔な店内。

コの字型になったカウンターに8席が設けられ、両側の壁にはキャンバスアートが飾られている。

センス良くスッキリして清潔な店内は、女性を誘っても喜ばれそうだ。

メニュー選びに迷う

本日のメニューはこちら。

食べてみたいメニューばかりで、迷う、、、けどそれが楽しい!

ターメリックライスとバスマティライス(※2)、サンバル(※3)、ラッサム(※4)、サラダが基本となり、南インド風カレーと小鉢の種類で値段が変わるシステムだ。

ターメリックライスとバスマティライスが、デフォルトで両方とも食べられるのはうれしい。

最近人気を増しているビリヤニも気になる。

この日は珍しい「ラクレットチーズのビリヤニ」に好きなカレー1種付きと、かなり惹かれる。

ホタルイカのアチャール(※5)も美味しいと評判だ。キッシュやテリーヌとカレーのセットも食べてみたい。

大いに迷いながら、今日はおすすめの「四次元ミールス」をお願いする。

そして次はカレー選びだ。

「サバのキーマ」は食べたいから決まりとして、もう1種類を迷う。

「赤ワイン風味のビーフキーマ」だと、「サバのキーマ」とキーマかぶりになるし、サンバルはもともとセットに入っているようだ。

また激辛について店主に聞いてみると「本当に激辛です。」とのこと。

辛いのは好きだが、今日はしっかり味わいたい。

ここは、「サバのキーマ」と「南インド風チキンカレー」でお願いしよう。

料理が運ばれてくる前の時点で、既に何度も足を運びたくなった。

メニュー選びが楽しいお店は素敵なお店だと思う。

※2. バスマティライス
細長くてパラパラしたインディカ米。繊細で優れた香りが特徴。バスマティは、ヒンディー語の「香りの女王」という意に由来する。

※3.サンバル
豆と野菜のサラッとしたカレー

※4.ラッサム
南インドで日常的な黒胡椒のスープ

※5.アチャール
野菜や果物等を酢、塩、スパイスで漬けたインドの漬物。

到着!四次元ミールス

「四次元ミールス」(税込1,500円)

到着した四次元ミールス。

日本米を使用したターメリックライスと芳しいバスマティライス。そして周りに並ぶおかず達。

インド料理で一般的なターリー(ステンレスの大皿)の上にカトリ(小皿)が並ぶのではなく、お膳に和食器で提供してくれるところに、“定食”・“食堂”としてのこだわりを感じる。

和食器の柄がひとつひとつ違っているのも楽しい。

カレーは左から、インド風チキンカレー、サバのキーマカレー、サンバル、ラッサムだ。

その下には野菜の小鉢とアチャールが並ぶ。

このアチャールもさっぱりしてスパイシーで、つまみにして飲んでみたい。

そしてドレッシングがかけられたサラダがついて、ライスはおかわりも可とのこと。

ここも食堂らしい。

店主からは「カレーも小鉢も全部ご飯にかけて混ぜながら食べて下さい。」とのことだが、せっかくなのでまずは少しずつ楽しんでみたい。

スパイス芳醇なチキンカレー

まずはゴロっとしたチキンが入った「南インド風チキンカレー」から。

南インドらしいサラッとしたカレーがライスに絡み、口に入れるとスパイスが豊かに香る。

辛さは控え目なので、辛いものが得意でない人でも安心して食べられそうだ。

サバ感が美味しいサバのキーマ

次に「サバのキーマ」をいただく。たっぷりのサバが嬉しい。

フィッシュ系のカレーはもともと好きだが、このサバカレーは特に美味しい。

サバの食感や香りがスパイスとマッチして、しっかりした旨みと食べ応えを感じる。

そう言えば、「エリックサウス」総料理長の稲田俊輔さんが書かれたレシピ本にも、最初にサバのカレーが出ていた。伝統の味なのだろうか。

続くラッサムとサンバルは、どちらもサラッとしてスープのよう。

野菜の旨味にスパイスの香りと酸味が加わるラッサムも、トマトの酸味とスパイスがマッチしたサンバルも、どちらも単体でずっと飲みたい美味しさだ。

ミールス戦隊 集合!

全部のせて、好きにまぜて食べる。自由で楽しい。

最後にアチャールも合流しすべてが一体となったカレーを、少しずつ混ぜながら食べる。

次はここを食べてみよう。次はこことここを混ぜてみよう・・・ひと口ごとに変わる味わいが楽しい。

辛さは強くないのだが、スパイスが効いていつの間にか汗をかいている。

途中サラダで口の中をさっぱりさせつつ、味の変化を楽しみながら食べ進む。

最初はけっこうなボリュームに思えたこの定食。いつの間にか食べきってしまった。

四次元の住人になりたい!

独特のこだわりと本格的な美味しさで“定食”を提供する「四次元食堂」。

店を出た帰り道に、もう次に訪れることを楽しみにしている。

さしあたって、次はビリヤニを食べよう。

コロナ禍が落ち着いたら、アラカルトとお酒も楽しみだ。

「四次元食堂」店舗概要

  • 住所:
    東京都新宿区西早稲田3-19-1
  • 電話番号:
    非公開 ※予約、問い合わせは公式LINEから
  • 営業時間:
    【ランチ】11:00−14:30 (14:30まで入店可)
    【ディナー】17:00−21:30(L.O 21:00)

    ※現在(2021年5月時点)
    平日11:00~17:00
    土日11:00~14:30/17:00~20:00(L.O 19:30)
    (アルコール提供はなし)
  • 定休日:火曜日
  • 公式ライン
    「四次元食堂」公式LINE
  • 公式HP
    「四次元食堂」公式HP

(周辺地図)


(写真は筆者撮影)

コメント

タイトルとURLをコピーしました