タカノフルーツパーラーの限定マンゴー尽くしメニューがすごい!

夏のフルーツと言えば、マンゴー。

豊潤な香りと甘さ、とろけるような食感、トロピカルな見た目で夏を彩ってくれる。

そんなマンゴーの中でも、夏にしか味わうことのできない沖縄県産マンゴーを存分に堪能できるメニューが、タカノフルーツパーラー新宿本店に7月からの期間限定で登場する。

定番のマンゴーパフェだけでなく、コースメニューも展開。

さらにマンゴーの日である7月15日には、特別バージョンのパフェを通常よりお得な価格で提供するとのことだ。

期間限定パフェで沖縄県産マンゴーを堪能!

「沖縄マンゴーパフェ」
(税込 2,420円)
※入荷状況によりご提供できない場合あり。

旬の沖縄県産マンゴーをふんだんに使用した贅沢な期間限定パフェ。

マンゴーの濃厚な味わいとココナッツブラマンジェがマッチする。

マンゴーは世界的にみると発祥の地とも言われるインドが一大産地で、世界の生産量の約40%を占めているが、日本国内でも沖縄県や宮崎県、鹿児島県などで高品質な国産マンゴーが栽培されている。

なかでも亜熱帯の環境に恵まれる沖縄県産では、濃厚な甘さと豊潤な香り、程よい酸味が特徴のアップルマンゴー(アーウィン種)を中心に、国産マンゴーの約半数を生産している。

生産者が完熟を見極めて出荷する沖縄県産マンゴーの、濃厚な甘みとなめらかな舌触り、芳醇な香りをパフェで堪能できるのだ。

7月15日 マンゴーの日には1日限定パフェが登場!

「沖縄マンゴーパフェ~マンゴーの日仕立て~」
(税込 2,200円)

7月15日(木)の「マンゴーの日」には、1日限定のパフェが登場。

通常よりお得な価格で楽しめる。

新宿に出かける際は立ち寄って「#マンゴーの日」でSNSに上げてみたい。

希少なブランドマンゴー「夏小紅」を使用したパフェも登場!

「沖縄県産夏小紅パフェ」
(税込 2,420円)
※入荷状況により提供できない場合あり。

宮古島を中心に栽培されている「夏小紅」は、沖縄県内のスーパーでも見かけることが少ないという、希少なブランドマンゴー。

鮮やかな黄色と、糖度18~20度の豊かな甘さ、繊維質が少ないことによるとろけるような食感が特徴だ。

さらに、マンゴー特有の酸味やクセも控えめとのこと。

そんな「夏小紅」を贅沢に使用したマンゴーパフェ。ぜひこの機会に味わってみたい。

沖縄県産マンゴーを存分に堪能できるコースメニューも!

「沖縄マンゴーを楽しむコース」
(税込 4,950円)
(展開期間)7/5(月)~7/30(金)
(平日)11:00~17:00 / 1日70名限定
(土日祝日)11:00~11:30/1日10名限定

パフェだけでなくマンゴー尽くしのコースメニューも期間限定で登場。

前菜やメイン料理、デザートまで、沖縄マンゴーで仕立てられている。

マンゴー好きにはたまらない贅沢なコースだ。

マンゴー尽くしの贅沢なスイーツセット!

「沖縄マンゴーを楽しむパレット」
(税込 2,530円)
※コーヒーまたは紅茶付
(展開期間)7/5(月)~7/30(金)
(提供時間)11:00~17:00
※平日限定

コースのデザートだけ楽しめるメニューも展開。

ミニパフェと様々なマンゴースイーツのセットで、色々味わいたい人におすすめの一品。

贅沢で鮮やかなビジュアルにテンションが上がそう。

期間限定のマンゴー尽くしメニューを堪能しよう!

マンゴーはその美味しさや夏らしい見た目も魅力的だが、実は栄養価も高い。

ビタミンB1、ビタミンC等のビタミンやミネラル、カロテンが豊富で、美容効果も期待できるそうだ。

タカノフルーツパーラーの期間限定メニューで旬の沖縄県産マンゴーを思う存分に堪能してみてはいかがだろうか。

店舗概要

  • 店舗
    新宿本店 タカノフルーツパーラー
  • 住所
    東京都新宿区新宿3-26-11 5F
    (JR新宿駅東口より徒歩1分)
  • 電話
    03-5368-5147(直通)
  • 営業時間
    11:00am〜8:30pm
    (ラストオーダー8:00pm)

    当面の間
    11:00am〜7:00pm
    ラストオーダー6:30pmにて営業。
    (2021年6月現在)

(画像はプレスリリースより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました